本文へスキップします。

【全】お問い合わせ先

お問合わせフォームはこちら

H1

保育サポートツールCRAYON BOOK

コンテンツ

※「CRAYON BOOK®」は、韓 昌完 教授(ハン・チャンワン、下関市⽴⼤学理事・学⻑)により開発され、現在共同研究を行っています。
※CRAYON®(第6199035号)及び、CRAYON BOOK®(第6209719号)は⼀般財団法⼈HAN研究財団の登録商標です

CRAYON BOOK®(クレヨンブック)とは

CRAYON BOOK®とは、変化する「今」の子どもの様子と保育環境を把握することにより、子ども一人ひとりの理解と納得を促す保育をするためのサポートするツールです。

子どもは様々な可能性を秘めています。子どもの概念形成の観点から得意な自己表現を見つけ、また、その才能を伸ばすための大人のかかわり方を“見える化”することで子どもに関わる全ての人の子育てのお手伝いをしたいという思いでCRAYON BOOK®(クレヨンブック)は作成されました。

CRAYON®プロジェクトが目指す未来

CRAYON®プロジェクトの創始者である韓が思い描く未来。
これからの社会を生きる子どもたちは、今よりもっと不安定で複雑で、予測できない時代を経験していくからこそ、乳幼児教育への期待が世界的に高まっています。今とこれからを生きる子どもへの教育に何が必要なのか、子どもへの教育の方向性を探る助けとするためにCRAYON BOOK®は開発されました。

子どもに関わる誰もが、職種や立場、経験問わず、生活や遊びといった日常の中で同じ目的を持つことが大事であり、その方法や手段はそれぞれの得意や専門性をさらに活かすことができます。

CRAYON BOOK®というツールを通すことで、保護者、教育機関、医療機関、福祉施設、役所、地域住民がみんなでコミュニケーションを取り合い、地域コミュニティ全体で子どもを育てる教育の輪が生まれることを願っています。

韓昌完(ハン チャンワン)教授

開発者の思い

「CRAYON BOOK®」は下関市立大学の韓昌完(ハン チャンワン)理事・学長が開発しました。

韓理事・学長は革新的な視点で教育分野の研究に取り組み、子どもたちの教育を支援するための評価ツールをこれまでにも多数開発してきました。

CRAYON®プロジェクトでは、乳幼児期の子どもたちへの保育・教育の質を向上させたいという保育士の思いに共感し、乳幼児期の保育・教育に必要な内容を総合的に評価するための研究を行いました。

CRAYON BOOK®がお手伝いできること

保育に
自信がつく

ツールを通した観察を根拠にして、子どもに必要な環境と関わりが分かり自信がつきます

共通言語で
チーム力向上

ツールがチーム内の個人差を埋めて、同じ目線と言葉で子どもについて語り合うことができます

自然と身に
付く専門性

保育現場にも求められている「乳幼児教育」の高い専門性が自然と身に付きます

連携した
子育て環境

データの分析によって、子どもへの対応の意図やポイントについて説得力のある情報共有ができます

©HAN CW

「観察(みる)」から始まる保育の輪

子どもの月例(年齢)に合わせた項目でチェックし、変化する「今」の子どもの様子と保育環境を把握することにより、子ども一人ひとりの理解と納得を促す保育をするためのサポートツールです。

CRAYON BOOK®のご紹介

crayon(クレヨンブック)ロゴ

CRAYON BOOK®(クレヨンブック)

CRAYON®(クレヨン)プロジェクトのメッセージや全体像、使い方、年齢ごとの評価シートをすべて一冊にしました。

この一冊で乳幼児教育に必要な環境から、大人の関わり方、子どもの概念形成や自己表現の評価をまとめて知ることができます。

CRAYON BOOK(クレヨンブック)スタンダード

CRAYON BOOK®評価マニュアル

CRAYON BOOK®の各評価シートの項目一つひとつを、評価方法や、子どもの成長に対する意味を含めて詳しく解説しています。

CRAYON BOOK®と合わせて読むことで、より子どもたちの成長への理解を得ることができます。

CRAYON BOOK®記入用シート
(0歳用、1-2歳用、3-5歳用)

子どもたちの年齢に合わせて、その時々の成長に合わせた記録を行うために、記入用のシートを 3つに分けてご提供します。

子どもたちの年齢が上がるにつれて、子どもたちが日々見せる様子 が多様化することを踏まえ、徐々に評価項目が多くなっています。

子どもたちの記録を連続的につけることによって、その子の概念形成や自己表現を支援す る手がかりが得られます。

CRAYON BOOK 記入シート

CRAYON BOOK®の分析

CRAYON BOOK®を開発した研究チームが、評価結果を分析して総合的な所見と保育環境や子どもへの関わり方、 子どもたちの成長の強みと今後伸ばしていけるポイントを解説します。CRAYON BOOK®に記録した子どもたちの様子と合わせて活用することで、子育ての目標設定や情報共有をより円滑にすることができます。

CRAYON BOOKの分析

無料説明会開催中

毎週無料説明会を実施しています。 まずはお気軽にご参加ください。

セミナー内容(予定)

  • CRAYON BOOK®とは(使い方、効果など)
  • 園での実践事例
  • サービス価格
  • 質疑応答

日程

毎週火曜日13:30~14:30にて開催中
※Zoom使用

snsパーツ
  • パソナフォスターフェイスブック
  • パソナフォスターインスタグラム
スマホフッター